01月 « 2024年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

ジェネリック医薬品は依然として供給不足

2023年 11月22日 07:00 (水)

ジェネリック薬品これも以前の記事にありましたが、
ジェネリック医薬品の供給不足が今も続いており、より悪化する可能性もあるようです。
この供給不足の主な原因は、ジェネリック
医薬品メーカーの不正の連鎖ですが、今後、業務停止命令などでメーカーの生産が
止まればジェネリック医薬品の供給がさらに滞る可能性があるようです。

日本製薬団体連合会が発表した10月の医薬品の供給状況では、ジェネリック薬品のうち
3割強が通常出荷できていない状態だそうで、調査が始まった2023年4月と比較しても
ほぼ改善していないようです。

インフルエンザの感染拡大などで不足する咳止め薬に関しては、大臣が生産会社を呼んで
増産を要請するほど逼迫しています。

ジェネリック薬品メーカーの不正の連鎖が相次ぎ、業務停止や改善指導が出ていますが、
なぜジェネリック薬品メーカーの不正が相次ぐのでしょうか?

供給拡大、報酬加算などで需要に対する供給力を急激に拡大したため、その過程で製造工程が杜撰になり、競争も激化、その後普及が進むと薬価が引き下げられ、そもそも利幅の
少ないジェネリック薬品なので、採算が悪化し、それ以上の生産に及び腰にもなり、資金力も乏しく、増産も叶わなくなるという悪循環に陥ってきているのが原因のようです。

今後を考えると、不正をただ罰して業務停止だけで対応していると、
供給不足がより悪化する可能性もあります。
業界再編や、適正な需要と供給の管理などが必要になってくるのではないでしょうか。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ